マイクロスコープと歯根破折接着治療の山田歯科

姫路市の山田歯科医院
Yamada Dental Clinic

お問い合わせ
トップページ
院長紹介
 
患者様へのメッセージ
山田歯科医院の治療方針
早期発見早期指導
院長日記 
スタッフ紹介
スタッフ日記
院内紹介
アクセス
サイトマップ
定期健診についての考え方
予防歯科
 
むし歯をつくらない子育て
むし歯ができてしまったら。
小児歯科の診療方針
  乳歯の治療
  -ルイちゃんむし歯を治す-
  乳歯の晩期残存・永久歯の
  異所萌出
子育てとおさとうに関する
我々の考え方
0歳から食を中心とした生活習慣に留意して子育てした子供たちの口腔内細菌について
幼児の歯磨き
むし歯の出来ないおさとうの量
おさとう3本分クイズ
駄菓子編
手作りお菓子編
歯磨きと歯科保健に関する山田歯科の考え方
吸指癖
6歳臼歯
6歳臼歯の萌出
萌出したての6歳臼歯の磨き方
シーラント
盲孔
デンタルフロス
6歳臼歯と乳歯の間に
出来たむし歯
むし歯のできるわけ
間食をしない方のお口の中
エナメル質の白濁
オーバーブラッシング
  磨き傷
  フェスツーン
  歯肉の退縮
  楔状欠損
  象牙質知覚過敏(症)
  磨いているのと磨けているのは違います
  我々のところでは歯磨き剤を 使わない
  毛先磨き
  ノンペースト・ノンウオーター
  歯ブラシ
  電動歯ブラシ
  歯科保健行動
子どもにむし歯を作らないよう
配慮されている方
むし歯ゼロ育児の事例
お母さんがむし歯ゼロ育児を
なさって成功された方の事例
横浜歯科臨床座談会 
子育てネットワーク
「はじめの一歩」 育児体験集
乳歯むし歯ゼロのお子様
永久歯むし歯ゼロを達成したお子様
8020達成が確実な方
食事とおやつのお勉強ノート
 
食事記録
食事の点検表
出発進行元気号
歯周病
 
プラーク

プラーク付着実験 

歯石
充填
 
ハイブリッドインレー充填
 
エナメルチッピング
抜髄(根管充填)
感染根管治療(根っこの治療)
 
歯根嚢胞
歯根端切除術
婁孔(フィステル)
歯根破折
歯根破折歯の内部接着修復
歯根破折歯の外部接着再植法
セメント質剥離
補綴(冠) 
入れ歯(取り外し式の義歯)
 
山田歯科で作る入れ歯の特徴
義歯を作られた患者様の声

山本式総義歯の性能判定表の
ダウンロードはこちら

義歯料金表
乳歯義歯
 
親知らず
矯正歯科
 
連続抜去法
 
不正咬合の色々
 
矯正治療の症例
 
エクストルージョン(牽引)
 
矯正歯科治療の料金
顎関節症
 
咬み合わせ
審美歯科
 
ホワイトニング
 
ホワイトコート
 
審美修復

OB座談会

 
むし歯ゼロ子育て座談会 お菓子にまつわる話

お問い合わせ

サイトマップ

 
こどもライブラリ
個性と自主性を尊重する保育園です。 私の4人の子どももここを卒園しました。
 
横浜歯科臨床座談会
私が以前所属していた研究会です、参考になさってください

森歯科医院に勤務されていた歯科衛生士の佐藤理恵さんのHPです。
 
 
blog 院長日記
山田歯科スタッフブログ
 
 

予防歯科

むし歯のできないおさとうの量

一日のおさとう摂取量は40g位がむし歯を作らない安全な量と考えています、そのうち約20gくらいは調味料や加工食品の味付けとして摂取していると考えています。したがって間食、ジュースとして摂取しても安全な量は20gということになります。これはジュースではコップ一杯(200ml、物にもよりますが、おおよそ10%おさとうが入っています)8gのスティックシュガー(今は8gのステックシュガーはほとんど販売されていませんが30数年位前横浜歯科臨床座談会のむし歯予防研究会がお菓子のおさとう量を調べたときはほとんど8gだったので今でもこのまま使っています)3本位ということになります。

2歳6ヶ月〜5歳:25〜30g 、5歳〜9歳:30g〜45g
日本歯科医師会雑誌:乳幼児の食生活とう蝕の関係についての考え方−2− 1977年12月号より

したがってこの範囲でお菓子とうまく付き合っていただきたいと考えています。

日本人一人当たりの年間砂糖消費の推移・砂糖統計年鑑より

-日本人の一人当たり年間砂糖消費量の推移‐(2006,5,21 朝日新聞による)
砂糖統計年鑑
砂糖統計年鑑によると2003年には日本人一人当たりの砂糖消費量が17.8kgであったそうです、これは一日あたりに換算すると約48gとなります。これは1965年を下回り、砂糖の配給制度が始まった太平洋戦争直前に迫る量です。我々が考えている歯の健康を損なわない砂糖の摂取量(一日当たり調味料も含めて40g)にずいぶん近づいてきました。グラフを見ると1970年頃がピークで29kg(一日当たり79g)でした。日本も豊かになり、一段と健康志向が強まっています、このまま砂糖の消費量が減少していくと、統計上はやがてむし歯はなくなってしまうでしょう。しかし個人別に見れば、ばらつきがあるため、砂糖の摂取量の多い方つまり甘党になってしまった方にどのように働きかけるか、もう少し踏み込んで甘党に育てないためにはどうすればいいのかを、保健教育の中で指導していくかが鍵を握っているでしょう。現在義務教育の中での歯科保健教育の現状はお寒い限りで、むし歯予防デーに生徒を集めて歯の磨き方を通り一遍にお話しておしまいというのがせいぜいだと思います。

歯磨きと歯科保健に関する山田歯科の考え方

我々の考えでは味覚形成のため3歳まではお菓子を与えない育児を実践し、子どもの生活圏がお母さんの手から外の世界に広がり始める つまり親の手を離れて友達のおうちに遊びに出かける3歳頃から歯磨き練習を始め、そして6歳臼歯が生え始める頃までに自分の歯の隅々まで磨ける技術を身につけ、6歳臼歯が生えてくると6歳臼歯の磨き方を練習し、永久歯にすべて生え変わる6年生頃には歯磨きの技術を完成させると共に菓子との付き合い方を理解して、中学生になると人間の体の学習の一部としての歯の役割を理解し、高校生になれば親になったときどのような子育てがいいのかを学習する中で、むし歯にしない子育てを学習する。そして妊娠したら、母親教室、父親教室の中で出産前の教育の一環としてもう一度むし歯にしない子育てを学習するというようなイメージを描いています。
姫路市の山田歯科医院