マイクロスコープと歯根破折接着治療の山田歯科

姫路市の山田歯科医院
Yamada Dental Clinic

お問い合わせ
トップページ
院長紹介
 
患者様へのメッセージ
山田歯科医院の治療方針
早期発見早期指導
院長日記 
スタッフ紹介
スタッフ日記
院内紹介
アクセス
定期健診についての考え方
予防歯科
 
むし歯をつくらない子育て
むし歯ができてしまったら。
小児歯科の診療方針
  乳歯の治療
  -ルイちゃんむし歯を治す-
  乳歯の晩期残存・永久歯の
  異所萌出
子育てとおさとうに関する
我々の考え方
0歳から食を中心とした生活習慣に留意して子育てした子供たちの口腔内細菌について
幼児の歯磨き
むし歯の出来ないおさとうの量
おさとう3本分クイズ
駄菓子編
手作りお菓子編
歯磨きと歯科保健に関する山田歯科の考え方
吸指癖
6歳臼歯
6歳臼歯の萌出
萌出したての6歳臼歯の磨き方
シーラント
盲孔
デンタルフロス
6歳臼歯と乳歯の間に
出来たむし歯
むし歯のできるわけ
間食をしない方のお口の中
エナメル質の白濁
オーバーブラッシング
  磨き傷
  フェスツーン
  歯肉の退縮
  楔状欠損
  象牙質知覚過敏(症)
  磨いているのと磨けているのは違います
  我々のところでは歯磨き剤を 使わない
  毛先磨き
  ノンペースト・ノンウオーター
  歯ブラシ
  電動歯ブラシ
  歯科保健行動
子どもにむし歯を作らないよう
配慮されている方
むし歯ゼロ育児の事例
お母さんがむし歯ゼロ育児を
なさって成功された方の事例
横浜歯科臨床座談会 
子育てネットワーク
「はじめの一歩」 育児体験集
乳歯むし歯ゼロのお子様
永久歯むし歯ゼロを達成したお子様
8020達成が確実な方
食事とおやつのお勉強ノート
 
食事記録
食事の点検表
出発進行元気号
歯周病
 
プラーク

プラーク付着実験 

歯石
充填
 
ハイブリッドインレー充填
 
エナメルチッピング
抜髄(根管充填)
感染根管治療(根っこの治療)
 
歯根嚢胞
歯根端切除術
婁孔(フィステル)
歯根破折
歯根破折歯の内部接着修復
歯根破折歯の外部接着再植法
セメント質剥離
補綴(冠) 
入れ歯(取り外し式の義歯)
 
山田歯科で作る入れ歯の特徴
義歯を作られた患者様の声

山本式総義歯の性能判定表の
ダウンロードはこちら

義歯料金表
乳歯義歯
 
親知らず
矯正歯科
 
連続抜去法
 
エクストルージョン(牽引)
顎関節症
 
咬み合わせ
審美歯科
 
ホワイトニング
 
ホワイトコート
 
審美修復

OB座談会

 
むし歯ゼロ子育て座談会 お菓子にまつわる話
 
こどもライブラリ
個性と自主性を尊重する保育園です。 私の4人の子どももここを卒園しました。
 
横浜歯科臨床座談会
私が以前所属していた研究会です、参考になさってください

森歯科医院に勤務されていた歯科衛生士の佐藤理恵さんのHPです。
 
 
blog 院長日記
山田歯科スタッフブログ
 
 

はじめの一歩

私たちの勉強会「はじめの1歩」が発足して2年がたちました。
今までのまとめとして、私たちの育児体験集を作成しました。
保健指導の場面で役立てていただけたら幸いです。

平成14年 9月
横浜歯科臨床座談会
子育てネットワーク 「はじめの1歩」

※横浜歯科臨床座談会 分科会「はじめの一歩」
代表の佐藤理恵様の許可を得て掲載させていただきました。

出産で出会った仲間達〜合言葉は子どもの健康〜 今村智之・幸恵

出産した病院で友達ができました。同じ痛み、喜びを共有したせいか、すっかり息統合して、退院の時にはメールアドレスを交換しました。そして、1年半たった今もずっとおつきあいが続いています。皆、初めての出産ということもあり、入院中には「自分のこどもは健康に育てたい」という話題はいつも出ていました。かわいい我が子を育てる意欲にあるふれていました。その中で、むし歯にならないように育てる話も頻繁にでていました。
私は歯科衛生士という職業柄、今まで勉強してきた「健康でむし歯にならない子育て」のコツを是非、みんなに伝えたいなとおもいました。しかし、いくら私が歯科衛生士であっても、同じ母親同士ではなかなか伝えにくいこともあります。そこで、勉強会の「はじめの一歩」のメンバーに「子育てとむし歯予防」についての話をしてももらうことにしました。
 

第1回目 生後5ヶ月めに開催

「むし歯予防」といっても、歯も生えていないこの時期で大事なことは「食生活」です。生後5ヶ月という時期は、離乳食のスタート地点であり、将来の味覚を左右する大切な時です。初めての子育てでいろいろと心配ごとがではじめる頃でもあるので、第1回目はこの時期に開きました。
野菜好きに育てるための解説の他、赤ちゃんとの遊びの紹介やにんじんときゅうりをスティック状にカットしたものを赤ちゃんに持たせるなど、家に帰ってからでもできることをメインに企画しました。はじめての野菜をペロペロなめる我が子を見てお母さんたちもビックリ!とても嬉しそうなのが印象的でした。集まった8人の仲間達は同窓会気分で、和気あいあいとした雰囲気でした。
 

第2回目 生後10ヶ月目に開催

歯も生え始め、むし歯予防への関心も高まってくる頃ですし、離乳食も3回食へと進み、市販のお菓子などにも手が出そうな時期でもあります。改めて、市販のお菓子はいらないことや、むし歯予防の知識の話を聞きました。少人数の集まりということもあり、保健所では聞けない子育てのコツなども聞くことができ、よかったと思います。
「子育てに関する情報は何でも知りたい」と思っていても、現実は初めての子育てで今日明日のことで精一杯です。その中で、今すぐ役立つ情報と、ちょっと先の見通しをきけたことで、余裕を持って子どもに接することができます。「はじめの一歩」のメンバーは3才から12才の子どもを持つ母親たちなので、より具体的な話が聞けました。
 

第3回目 1才を迎えた頃に開催

3回目は、卒乳や歯磨きの考え方、1才児の遊びや生活について話を聞きました。その後の話し合いでは、みんなスムーズに卒乳ができ、「卒乳したらご飯をたくさん食べてくれるようになった」などの話で盛り上がりました。

時々、この仲間同士で会うことがあります。その時はかならず手作りの弁当で、お茶を持参して遊びます。おやつはおにぎりや野菜で甘い物の出番はありません。お互いのお弁当を食べさせあったりと、安心していられます。
ある時、その中でAちゃんが風邪をきっかけに、イオン水が大好きになってしまったということがありました。すると、他のお母さんたちが口をそろえて「それはだめだめ!どんどん欲しがるようになるよ。のどが乾いたらお茶を飲ませなくちゃ!」と言い、子どもたちが遊び、のどが乾いたころを見計らってみんなにお茶を出しました。すると、よその子どもたちがおいしそうにお茶を飲む姿につられて、Aちゃんもごくごくと飲んだのです。「イオン水しか飲まないのよ」と言っていてAちゃんのお母さんも驚いていました。

仲間のお母さんたちの中には、当たり前のように、ごはんをしっかりと食べさせ、市販のお菓子に振り回されない生活が根付いているのを感じます。子育て仲間が基本的な食事や生活を同じ考えでいられることは、母親にとって、とても安心できますし、これほど嬉しいことはないと実感しています。これからもお互い情報交換しながら、みんなで子育てをしていきたいと思います。

 

「ご近所づきあい〜社宅ではじまった我が家の子育て〜」 堀江雅博・理恵

私の育児の始まりは、主人が勤務している会社の社宅からでした。そこには、0歳から6歳くらいまでの子どもたちがたくさんいて、お互いの家庭の交流がとても盛んでした。初めての子育てで何かと不安も多かったのですが、子どもの熱や風邪の対処法、発育や発達の個人差などの話を、多くの先輩ママから聞くことができ、安心できました。子どもを遊ばせるのにも良い環境でした。

 

ただ、ひとつ、「おやつ」については困ったなと感じていました。お友達の家に招かれたときのことです。伺うほうもお菓子の手土産を持ち、時間に関係なく山盛りのお菓子とジュースでもてなされるからです。初めての私はとても驚きましたが、ここでは以前からこのような習慣になっているようです。テーブルの上にどーんと乗せられたお菓子を食べながら、親達はおしゃべりを楽しみ、子どもたちも食べながら遊んでいました。わが子はまだ赤ちゃんなので、お菓子とは無関係でいられましたが、「もう少しおおきくなったらどうしようか?」と不安になりました。
私は「子どもを健康に育てたい。野菜が好きな子に育てたい」と思っていました。「メリハリのある食生活をしたい」「お菓子は3歳以降のお楽しみにとっておきたい」という思いとはかけ離れた周りの環境と、どう折り合いをつけてくかが、私の課題となりました。仲良くなった皆さんとはこのままお付き合いをしたいし、でも我が子には今はお菓子を食べさせたくない、という中での生活は思った以上に大変なものでした。
主人はよき理解者でしたので、心の葛藤を話すことで気持ちを楽に持つことができました。歯科衛生士として診療室に勤務していた頃に、患者さんからこのような悩みは聞いたことはありました。実際、自分がそういう立場になり、同じ母親同士ではなかなか説明しづらいことを身にしみて感じました。
 
子どもが1歳3ヶ月までは、「まだ、食べさせていないので…」と断ることができました。しかし、それ以降は「そろそろ食べられるんじゃない?」「食べさせないのはかわいそう」と言われるようになり、とても困りました。周りの子どもたちが食べているので、説明も難しくて「いや、まだ、うちはもう少し大きくなってから…」と何とかしのぐ日々でした。「じゃあ、少しだけなら…」とくじけそうになったこともあります。
でも、この時期にお菓子の味を覚えてしまうと、野菜嫌いになったり、食事にさしつかえることを聞いていました。実際、周りの子どもたちの話を聞いても、そうなることが目に見えていたので、やはり今はまだお菓子から遠ざけておきたいと思い、頑張りました。
 
1歳6ヶ月を過ぎると、子ども自身が目の前にあるお菓子に興味を持ちはじめ、「うちは、ダメよ」では、通用しなくなりました。この頃から1年くらいが一番苦労した時期です。遊ぶときには、なるべくうちに来てもらい、一緒に遊んでから、とうもろこし、いも、果物をおやつとして出し、飲み物も「麦茶しかないので」と我が家の方針を守り続けました。外では、アメやアイスを配るお母さんもいましたが、「ご飯が食べられなくなるので。」と、やんわりその場を離れたりもしました。
2歳6ヶ月くらいになると、本人によく話して聞かせることで「3歳になってから食べようね」が理解できるようになりました。お菓子の味を知らないので、買い物にいっても野菜売り場や魚屋さんが大好きで、家庭のご飯を喜んで食べる子に成長していました。それでも、周りの子が食べているお菓子に興味を持っていたので、「3歳の誕生日には一緒にケーキを作ろうね」と約束し、楽しみに持たせることで乗り越えました。
 
今は4歳になり、幼稚園に通っているので、お友達とのお付き合いで甘いお菓子を食べることもありますが、ごはんをしっかり食べることが習慣になっているのでお菓子に振り回されることもありません。同じ幼稚園に通うお母さんからも「しっかりご飯を食べていいわね。」と言われています。
思えば、大変な時期もありましたが、やり通してよかったなと思っています。現在は2人めを出産したばかりですが、次の子も是非、ごはんをしっかり食べる子に育てていきたいと思います。
 

「徒歩5分の距離に住む祖父母へ〜孫自慢は野菜好き」 佐藤俊哉・理恵

私たちは、主人の実家から徒歩5分のところに暮らしています。初孫となる子どもが誕生し、はや4年が経ちました。「野菜好きに育てたい」「3度のごはんをしっかり食べる子に育てたい」というのは、私たち夫婦の強い願いでした。そのために、「お菓子は3才までは食べさせたくない」と思っていました。主人の実家は、かなりの甘党だと結婚前から聞いていました。近くに住むということで、私以上に主人が危機感を感じ、常に祖父母に働きかけをしてくれていました。私では言いにくいことでも、実の親子ということで、かなりはっきりと言ってくれました。我が家の対策を主人の役割と私の役割に分けてお伝えします。
 

主人の役割

祖父母は昔から子どもが遊びに来ればジュースにお菓子を出していました。そして、二人とも甘い物が大好きで、食卓の片隅に常に何かしらのお菓子があるといった家庭です。さぁ、この二人にどう理解させようか?と何度も説明を試みました。二人の子どもを育てた経験者の両親には、なかなか理解してもらえず『3才までは甘いものは禁止です』としか伝わりませんでした。甘い物でなくても、間食をすれば食事に響くという理解はなかなかしてもらえません。
赤ちゃんには何か食べさせるものと思い込んでいるようにも見えました。
1才半を過ぎると、やはり祖父母は「何か食べさせたい」という気持ちが強くなり、遊びに行くたびに「おせんべいならいい?果物ならいいだろう?」と聞いてくるようになりました。私はその都度、「それはまだ食べさせていないから!」「ごはんが食べられなくなるから今はあげないで!」と答えることの繰り返しになり、こんなんじゃだめだなぁと思っていました。

そのころ、「あまり食べ物ばかりで引き付けると、おじいちゃん、おばあちゃんの家に行けば何か食べられると思うようになって、それが目的でしか遊びに行かなくなるよ。もっとたくさん遊んであげて!」と言ったことが一つの転機となったのです。庭に小さな砂場をつくってくれたり、春はいちご、夏はトマト、なす、ピーマンなどの家庭菜園をつくり、水やりや収穫をしながら遊んでくれるようになりました。ふざけっこやおままごとの相手もたくさんしてくれました。

祖父母の協力のおかげで、お菓子やジュースの味を知らないで育った我が子でしたが、その代わりに、3才を迎えたときには、野菜が大好きでおばあちゃんの作ってくれたごはんを喜んで食べる、祖父母にとって自慢の孫になったのです。隣り近所には親戚が多く暮らしていますが何か集まりがあるたびに、ごはんをしっかりと食べる孫が自慢です。親戚にもお菓子をあげないでとストップをかけてくれています。何よりも、庭のトマトを喜んで食べる孫の姿が嬉しそうな祖父母です。

 

私の役割

祖父母の何か食べさせたい、喜ぶ顔が見たいという気持ちはよく解かりました。ですから、離乳食の時間に遊びに来てもらい、食べさせてもらう機会をなるべく作るようにしました。実際に見てもらえれば、「薄味で美味しく」を心がけて料理していることも解ってもらえるし、孫のよく食べる様子で満足してもらえると思ったからです。
9ヶ月になり3回食が始まるころに、私も祖母と育児方針についてを話し合いました。
歯科衛生士として診療室に勤務していた頃は、我が子のことなのだから、はっきりということができるはずと簡単に考えていました。実際は主人の両親ともなると、そうそうはっきりと言えないもので、説明は主人まかせにしてきました。しかし、私からも話をした方がわかってもらえるだろう、という主人の強い勧めがあり、思いきって直接お願いをすることにしたのです。祖母も協力すると言ってくれて、本当に嬉しく心強かったです。
2歳近くになると、外遊びの帰りには祖父母の家に寄り、冷たい麦茶を飲ませてもらい、用意してくれた果物やおいもを一緒に食べることもありました。祖母も「これくらいなら、ごはんに差し支えないかしら?」と、聞いてくれたので、とても助かりました。

4才の今では、時々祖父母とアイスを食べることもありますが、それはお楽しみとしてお互いに嬉しいイベントとなっているようです。
娘が5歳になる頃に、二人目が産まれる予定です。「次の子も是非、協力してください。」と今からお願いをしています。おじいちゃん、おばあちゃんと遊ぶのが大好きな孫がもう一人増えることを、祖父母も私たちも楽しみに待っているところです。

 

「子どもの食事〜好き嫌いって何だろう〜」 佐藤憲之・文子

子どもの好き嫌いは意外な出来事から始まることが多いようです。我が家には11才と7才の2人の子どもがいます。小さい頃から「お腹がすくまで遊び、しっかりとごはんを食べる」ことを心がけて生活してきました。旬の野菜をいつも食卓に乗せていたので今も野菜が大好きです。
そんな我が家の子育てをみていた、近くに住む主人の妹にも子どもが生まれました。甥っ子も野菜が大好きです。私たち夫婦もうちの子どもたちも、甥っ子の成長を見守りながら応援していました。

 

皆で食事をしたときのことです。10ヶ月の甥っ子に、にんじんスティックを持たせてみました。すると、おいしそうにずっとしゃぶっていました。それを見て、妹も改めて、赤ちゃんせんべいなどの市販のお菓子は必要ないことを確認し、それ以来、外出のときにはにんじんスティックを持ち歩くようにしたそうです。

1才を過ぎて、妹の産休も終わり、甥っ子は保育園に通い始めました。好き嫌いのない甥っ子は、保育園の給食ももりもりと食べているようでした。

そんな甥っ子にある変化が起こりはじめました。2才を過ぎたころみんなで食事をしたときのことです。我が家においしいにんじんがあったので、うちの子どもたちが「スティックにして持っていこう!」と張りきって用意して行きました。ところが、甥っ子はあんなに好きだったにんじんを食べなくなっていました。うちの子どもたちが「おいしいよ!」とわざと目の前で食べても、見向きもしません。どうしたのかな?と思い、妹に話を聞いてみました。
保育園に通いはじめたら、風邪をひくことが増え、シロップの風邪薬を飲むことが多くなったそうです。あれあれという間に、野菜を食べなくなってしまったということでした。全く食べないわけではないけれど、好んで食べなくなったと妹も心配していました。

子どもが小さいころは、こういうことはよくある事です。しかし、またチャンスは必ずやってくるものです。親が「うちの子は野菜が嫌いだから。食べないから。」といって、食卓に乗せることを止めてしまえば、食べるチャンスはなくなってしまいます。また、どうしても食べさせたいからといって「食べなきゃダメ!」と無理強いすると、食事の時間がつまらなくなり、本当の野菜嫌いになってしまいます。妹には、あきらめずにチャンスを待ちましょうと励ましました。

甥っ子が2才半になった時です。皆で食事をしているときに、突然にそのチャンスがやってきました。今回も自分からは野菜に手をのばそうとはしませんでした。でも、うちの子どもたちがおいしそうに食べているのをじっとみていました。「ちょっぴり食べてみようかな?」という顔をしたので、私がほんの少しだけ食べさせてみました。そして、すかさず「すご〜い食べられたね!おいしいね!えらいね!」と声をかけると、うちの子どもたちも主人も一緒に「えらいね!」「一緒に食べようよ!」と声をかけて盛り上げてくれました。すると、甥っ子は得意満面!この数ヶ月、目もくれなかった野菜に手をのばしてもりもりと食べ始めたのです。周りの皆はびっくりしていました。

思えば、この2才半の時期は、言葉にも敏感ですし、周りの人のやっていることを真似してなんでも自分でやりたがるものです。その時期にこそ、挽回のチャンスはやってくると思います。もちろん基本は「お腹をすかせてごはんを食べる」ですが、そのことが習慣になっていれば、ほんの一時期、食べなくなっても大丈夫だと思います。

しかしながら、当事者の親にしてみれば、迷路に迷い込んだ心境で不安やあきらめの気分になりがちです。甥っ子の場合は、原因も思い当たっていたし、昼間は保育園で規則正しい生活をしていました。その上、身近にいる何でもおいしそうに食べるうちの子どもたちや、誉めてくれる私たち夫婦の存在がなによりだったと、妹に感謝されています。

 

「3人の元気な子どもたち〜我が家の方針〜」生田龍平・美千枝

 

私が最初の子を出産したのは、今から12年前になります。「子どもをむし歯にすることなく、育ててみたい」と強く思っていました。そしてもう一つの願いは「野菜の大好きな子に育てたい」ことでした。野菜好きにするためには、「甘いお菓子の味は3才以降のお楽しみにとっておく」ことがポイントになることは本で読んで知っていたので是非、やってみたいと思いました。
現在は12才、10才、8才、と3人の子どもがむし歯のないきれいな歯で成長中です。そればかりでなく、3人とも好き嫌いがなく何でもよく食べてくれるので、食事作りも苦労せず本当に楽に子育てをしています。もちろん、野菜が大好きです。今でこそ、2日に一度くらいはそれぞれ子ども自身が量を考えて、お菓子を食べていますが、小さい頃は親が気をつけることがとても大事なことだと実感しています。

主人の実家に行くと、当時7才と2才の2人の甥っ子たちがお菓子を食べていることが多く、それを見てうちの子も小さい頃からお菓子の味を覚えてしまわないかと心配でした。そして、主人の母は鹿児島県の喜界島に居た人なので黒砂糖をよく食べていました。「黒砂糖はからだにいいから」とすすめ、甥っ子たちは小さい頃から食べていたようです。私はこまごまと詳しく説明するのが苦手だったので、「3才までは甘いお菓子はあげないでください」とお願いすることで精一杯でした。「からだにいいものなのに、どうしても黒砂糖を食べさせちゃいけないの?」と聞かれたこともありました。主人だけが呼ばれて、食べさせてはいけない理由を聞かれたこともありました。私では上手く説明出来ないところは、主人が一生懸命に説明してくれました。その結果、主人の母はとてもよく協力してくれたのです。

甥っ子たちも、長女が3才になるまでは、何もお菓子をあげないようにしてくれました。でも3才を過ぎてからは、いろいろなお菓子をくれるようになり、1才の次女にまで配ってくれることもありました。そんな時は「もっと大きくなってからちょうだいね」と言いました。甥っ子たちも子どもなりに理解してくれるものです。
義姉も上の子が小さい時には、食事に気をつけていたそうです。しかし、5才離れた下の子のときにはあれあれという間に、お菓子を口にする時期が早まってしまったということでした。
3人の子どもがいる我が家では、3番目が3才になるまで周りの協力を願い続けました。
そして幸か不幸か、3人とも間食をすると多少の量にかかわらず、ごはんが食べられなくなります。それを理由にも、主人の母にお菓子をあげることを随分と我慢してもらってきました。
おかげで、食事がきちんととれるので、今では「あんたのうちの子どもたちは、何でも食べられていいねぇ。」と嬉しそうに言ってくれます。残念ながら、小さい頃にお菓子の美味しさをおぼえてしまった甥っ子たちは、今も好き嫌いがあり、あまり野菜が食べられません。

3人の子どもたちも、我が家の方針に感じるものがあるようで、今から「子どもが生まれたら、最初は甘い物はあげないんだ。」と言っています。最近はいろいろな食べ物が氾濫しているので、これからは食べ物を選ぶ目を育てることが大切だと感じています。私のその思いを子どもたちなりに受け止めてくれているようで、この言葉は母として、とても嬉しく思います。

 
姫路市の山田歯科医院