マイクロスコープと歯根破折接着治療の山田歯科

姫路市の山田歯科医院
Yamada Dental Clinic

お問い合わせ
トップページ
院長紹介
 
患者様へのメッセージ
山田歯科医院の治療方針
早期発見早期指導
院長日記 
スタッフ紹介
スタッフ日記
院内紹介
アクセス
サイトマップ
定期健診についての考え方
予防歯科
 
むし歯をつくらない子育て
むし歯ができてしまったら。
小児歯科の診療方針
  乳歯の治療
  -ルイちゃんむし歯を治す-
  乳歯の晩期残存・永久歯の
  異所萌出
子育てとおさとうに関する
我々の考え方
0歳から食を中心とした生活習慣に留意して子育てした子供たちの口腔内細菌について
幼児の歯磨き
むし歯の出来ないおさとうの量
おさとう3本分クイズ
駄菓子編
手作りお菓子編
歯磨きと歯科保健に関する山田歯科の考え方
吸指癖
6歳臼歯
6歳臼歯の萌出
萌出したての6歳臼歯の磨き方
シーラント
盲孔
デンタルフロス
6歳臼歯と乳歯の間に
出来たむし歯
むし歯のできるわけ
間食をしない方のお口の中
エナメル質の白濁
オーバーブラッシング
  磨き傷
  フェスツーン
  歯肉の退縮
  楔状欠損
  象牙質知覚過敏(症)
  磨いているのと磨けているのは違います
  我々のところでは歯磨き剤を 使わない
  毛先磨き
  ノンペースト・ノンウオーター
  歯ブラシ
  電動歯ブラシ
  歯科保健行動
子どもにむし歯を作らないよう
配慮されている方
むし歯ゼロ育児の事例
お母さんがむし歯ゼロ育児を
なさって成功された方の事例
横浜歯科臨床座談会 
子育てネットワーク
「はじめの一歩」 育児体験集
乳歯むし歯ゼロのお子様
永久歯むし歯ゼロを達成したお子様
8020達成が確実な方
食事とおやつのお勉強ノート
 
食事記録
食事の点検表
出発進行元気号
歯周病
 
プラーク

プラーク付着実験 

歯石
充填
 
ハイブリッドインレー充填
 
エナメルチッピング
抜髄(根管充填)
感染根管治療(根っこの治療)
 
歯根嚢胞
歯根端切除術
婁孔(フィステル)
歯根破折
歯根破折歯の内部接着修復
歯根破折歯の外部接着再植法
セメント質剥離
補綴(冠) 
入れ歯(取り外し式の義歯)
 
山田歯科で作る入れ歯の特徴
義歯を作られた患者様の声

山本式総義歯の性能判定表の
ダウンロードはこちら

義歯料金表
乳歯義歯
 
親知らず
矯正歯科
 
連続抜去法
 
不正咬合の色々
 
矯正治療の症例
 
エクストルージョン(牽引)
 
矯正歯科治療の料金
顎関節症
 
咬み合わせ
審美歯科
 
ホワイトニング
 
ホワイトコート
 
審美修復

OB座談会

 
むし歯ゼロ子育て座談会 お菓子にまつわる話

お問い合わせ

サイトマップ

 
こどもライブラリ
個性と自主性を尊重する保育園です。 私の4人の子どももここを卒園しました。
 
横浜歯科臨床座談会
私が以前所属していた研究会です、参考になさってください

森歯科医院に勤務されていた歯科衛生士の佐藤理恵さんのHPです。
 
 
blog 院長日記
山田歯科スタッフブログ
 
 

院長紹介

院長
山田 豊和

略歴  
1975年 愛知学院大学歯学部 卒業
1975年 大阪白磁会歯科中ノ島診療所勤務
1975年 Dr.Warren T.Wakai 
Endodontics Course(神戸)
1975年 Dr.納富哲夫 
Dentist of Postgraduate Dentistry course
(東京)
1977年 徳島大学歯学部矯正学教室勤務
(文部教官助手)
1977年 Dr.Rikketts Bioprogressive Technique and Theraphy Course(東京)
1980年 山田歯科・矯正歯科開業
1989年 Dr.A.Schroeder
ITI Bonefit Implant Course(Singapore)
1989年 Dr.中村社鋼 GBR&GTR Course(Singapore)
1994年〜2002年 丸森賢二先生に師事
所属学会    
日本口腔外科学会
日本矯正歯科学会
役職    
姫路商業高校 校医
ライフワーク    
歯科保健教育
趣味    
農業・料理・スポーツ

患者様へのメッセージ

私どもの医院では予防歯科がもっとも大切であると考えております。むし歯を作らない、歯肉の健康を維持するにはどうすればいいのか、むし歯ができてしまったり、歯周病になってしまったらたらどうすればいいのかをそれぞれの患者様に合ったやり方でで治療方法を相談しながら治療方針を立てて診療を行っています。 むし歯を削り取って詰めたり(充填)、不正咬合の矯正治療などなどは我々歯科医師の役割ですが、そのような疾患に至った原因のすべてとはいえないものの、おおむね患者様の生活習慣(食習慣:具体的にはお菓子−砂糖の摂りすぎ・間食のしすぎと歯磨きの不備)にあります、これを患者様自らが自覚していただき、むし歯、歯周病にならない範囲内で、お菓子を楽しんでいただくことが必要になります。また歯を磨いたら綺麗に磨けている歯磨きの技術が必要となります、歯を磨いても磨き残しがあれば磨けたことにはなりません。

院長ブログはこちら : むし歯ができてしまいました

山田歯科医院の診療方針

どうすれば口腔機能(咀嚼、嚥下、発音、*審美)の回復が出来るかまた口腔の健康
の維持増進が図れるかを考えて患者様と相談しながら治療を進めて行きたいと考えて
おります。
*審美 見た目が自然できれいな事

早期発見早期指導

むし歯と歯周病はミクロで見れば口腔常在菌(誰の口の中にも住んでいる細菌)による感染症ですが、マクロで見れば、生活習慣病です。
したがって生活習慣の改善がむし歯予防と歯周病予防の決め手になります。
むし歯や歯周病になられた方が生活習慣の問題に気付いていただき、食習慣の改善即ち、三度の食事をバランスよくしっかり食べ、甘いものの食べすぎをなくして、お口の中の健康を取り戻していただくことを目標として診療、指導を行っています。
総入れ歯をしている方は、ほぼ例外なく甘党であることが、歯を失う原因が糖分の摂り過ぎであることを示唆しています。
嗜好品(間食)とは例えば、夕食が終わって皆、居間に集まりゆっくりテレビを見ながら、おいしいお茶と、お菓子を味合うというようなイメージで決してお腹が空いてお菓子をボリボリ食事の代わりに食べると言うようなものではないと考えています。
結局の所、何でも好き嫌いなくパクパク食べてしっかり三度の食事をとることにつきると考えています。
姫路市の山田歯科医院